旬の奈良特集一覧

1300年のこころ見つけました 奈良県観光キャンペーン

コンテンツメニュー close

新着情報 

  • 知りたい奈良
  • 旬の奈良
  • 今いく奈良

[旬の奈良] 季節・ジャンル特集 Vol.1 歴史をいただく、おすすめ名産品


奈良は日本で最も歴史のあるグルメ都市!

都として最も早く発展した奈良は、大陸からもたらされた食文化がいち早く根付いた地。今なお脈々と受け継がれている古の食文化は、素朴だけれど、日本人の口に、心に懐かしく響く…。奈良の美味しいものを召し上がれ!

昔も今も大人気! 奈良のおすすめグルメ best3 ほうじ茶の香りがふんわりと広がる奈良県民が愛する昔ながらの朝ごはん。 茶がゆ 茶がゆ 歴史・由来 1250年以上の歴史を誇る奈良の朝の味

茶がゆは、奈良時代の752年に始まった東大寺二月堂修二会(お水取り)の練行衆の食事として供されてきた歴史ある食べ物。“おかいさん”として親しまれ、昭和中頃まで「大和の朝は茶がゆで明ける」と言われるほど、日常食として浸透していました。奈良の茶がゆは炊き込まずサラッとしているのが特徴で、前の日の夜に炊いた冷やごはんを使う茶がゆは「入れおかゆ」、米から炊く茶がゆは「揚げおかゆ」と呼ばれます。お寺などでは仏様に供えたご飯を茶がゆにしていただく習慣があるのだそう。また奈良は弘法大師が初めて唐から茶だねを持ち帰ってからの茶の産地ですが、かつては各家庭の庭先や畑の畝で茶が栽培されており、そのお茶を使って茶がゆを作っていたと言われています。

吹きこぼれないようかき混ぜながら強火で炊きあげる。 こんな食べ方もできます

奈良の茶がゆは番茶を袋に入れて煮立ててから、ご飯を入れて炊きます。暑い季節は冷たくして食べても美味。またサツマイモやカボチャ、豆類など季節の食材を入れて炊くとボリュームもアップして、味も深まります。

おいしいお店はこちら
歯ごたえしっかり、のど越しつるん。夏でも冬でも美味しい麺類の元祖。 三輪そうめん 三輪そうめん 歴史・由来 全国のそうめんのルーツは三輪にあり!

仏教の伝来とともに小麦栽培・製粉技術が伝えられたと言われる三輪。そうめんの原型は索餅と言われる唐のお菓子で、天武天皇の孫にあたる長屋王邸宅跡から発掘された木簡に索餅という記述が残されています。現在、そうめんは全国各地で生産されていますが、すべて三輪そうめんが源流。かつてはそうめんの相場も三輪で決められていました。三輪そうめんは、綿実油を使い、極寒期に手延べ技法で製造するのが特徴で、煮崩れしにくく、コシもしっかり。高温多湿の梅雨を越すことでコシが強くなることから、2回梅雨を越す1年以上ねかせたそうめんは「古物(ひねもの)」、2年以上ねかせたものは「大古物(おおひねもの)」と呼ばれ、珍重されます。

茹でたら、流水でもみ洗い。にゅうめんは固めに茹でて。 こんな食べ方もできます

煮崩れしにくい三輪そうめんは、温めて食べるのはもちろん、そうめんチャンプルのように炒めてもOK。麺そのものに塩分が含まれているので、パスタの代わりにも使えます。揚げ物の衣にしてもパリパリ食感で美味しく食べられます。

おいしいお店はこちら
柿の葉にくるんで押した一口大のおすし。奈良山間部で生まれた夏のごちそう。 柿の葉寿司 柿の葉寿司 歴史・由来 海から遠いからこそ生まれたご馳走の味

江戸時代中頃から、奈良吉野地方の夏祭りのご馳走として各家庭で作られていた柿の葉寿司。山間部である吉野で鯖の寿司が作られるようになったのは、吉野がむしろ海から遠い地であったことがきっかけです。冷蔵技術がなかった昔、魚の傷みを防ぐ手段として用いられていたのは塩でした。しかし腹にいっぱい塩が詰まった魚は、煮ても焼いても食べられないほど塩辛く、吉野の人々は身を薄くそいで白御飯にのせて食べていたのです。そこに柿の葉で包むと日持ちがするという智恵が加わり、柿の葉寿司は誕生しました。実際、柿の葉に含まれるタンニンは食品の保存に有効であると科学的に証明されています。現在では鯖のほか鮭なども柿の葉寿司のタネとして使われています。

最近では鯖の他に
小鯛などもネタになっています! こんな食べ方もできます

柿の葉寿司は常温で保存する食べ物ですが、冷蔵庫で保存したり、冬場でご飯が固くなってしまったりした場合は、温めて食べるのがおすすめ。アルミホイルに包んで蒸し焼きに、遠火で炙って。違った美味しさが楽しめます。

おいしいお店はこちら
奈良びとイチオシ! 美味しい奈良をいただきましょう
茶がゆが美味しいお店 レストラン三山 レストラン三山

東大寺参道入口にある和風レストラン。ほうじ茶で炊かれた香り豊かな茶粥はもちろん、季節に合わせた料理やスイーツも好評。またカフェとしても利用可能。

大和茶粥 1,400円(税込) [店舗情報]
TEL/0742-23-0218
住所/〒630-8212 奈良県奈良市春日野町11
営業時間/11:00~17:00
定休日/木曜日
もどる そうめんが美味しいお店 三輪そうめん山本三輪茶屋 三輪そうめん山本三輪茶屋

全国有数のそうめん処・三輪で約300年続く名店。落ちついた和の雰囲気の店内で食べる冷やしそうめんや温かいにゅうめんは、ここでしか味わえない繊細で上品な味です。

万葉 1,200円(税込) [店舗情報]
TEL/0744-43-6661
住所/〒633-0072 奈良県桜井市箸中880
営業時間/11:00~16:30
定休日/年末年始(12/29~1/1)
もどる 柿の葉寿司が美味しいお店 柿の葉ずし 総本家平宗 柿の葉ずし 総本家平宗

猿沢池に近くにある総本家平宗では、柿の葉ずしをお土産として買うだけでなくお店でも味わえます。また創業当時に京都御所へ献上していた鮎ずしも人気メニューの一つ。

まほろば 2,300円(税込) [店舗情報]
TEL/0742-22-0866
住所/〒630-8374 奈良県奈良市今御門町30-1
営業時間/10:00~20:30
定休日/月曜日※祝日の場合はその翌日
もどる
奈良の名産はこちらから
奈良うまいもの奈良うまいもの 奈良県 食と農のポータルサイト奈良県 食と農のポータルサイト

2014年7月25日に配信された記事で、掲載情報は配信当時のものです。
内容が変更になる場合がありますので予めご了承ください。

TOPへもどる