なら瑠璃会とロマンティックな奈良を満喫

[期  間]2015年2月8日(日)~14日(土)
[点灯時間]18:00~21:00
[会  場]春日大社、興福寺、東大寺、奈良国立博物館、奈良公園一帯

詳しくはこちら

ルートマップはこちら

漆黒の闇の中に照らし出された五重塔は、重厚感がさらに増し、息をのむほどの厳かさ。国宝館では仏像ブームの火付け役とも言われる阿修羅像や人気急上昇中の迦楼羅像がお出迎えしてくれます。東金堂の薬師三尊像も必見!

住所/奈良市登大路町48番地
TEL/0742-22-7755(寺務所)
拝観時間/9:00~17:00
(入館は16:45まで)HPはこちら

奈良国立博物館新館の見どころは、噴水からできる細かな霧をスクリーンして映像を映し出す「ウォータープロジェクション」。ライトアップとはひと味違うドラマティックな演出が楽しめます。なら瑠璃会に合わせて夜間開館も実施。

住所/奈良市登大路町50番地
TEL/0742-22-7771
開館時間/9:30~17:00
(入館は閉館の30分前まで)HPはこちら

昨年からメイン会場となった奈良県新公会堂は、起伏のある広い庭園を60万球の多彩なLEDライトで埋め尽くし、美しく輝く光の海を演出。霧とのコラボレーションで、さらにため息が出るほど幻想的な雰囲気に。

住所/ 奈良市春日野町101
TEL/0742-27-2630
開館時間/9:00~21:30
休館日/毎週月曜日HPはこちら

石燈籠の灯りを頼りに薄暗い参道を進むと、ほのかに浮かび上がる朱塗りの南門に到着。LEDライトにはない暖かな灯りに包まれた夜の御本殿は、昼間とは違った神々しさにあふれ、まるで異世界に迷い込んだかのよう。

住所/ 奈良市春日野町160
TEL/0742-22-7788
参拝時間/6:30~17:00
(10月~3月)
本殿前特別参拝 8:30~16:45 HPはこちら

春日大社の境内にある3000基にも及ぶ燈籠は、800年前から今に至るまで、貴族や武士をはじめ庶民から奉納されたもの。2月の節分には全ての燈籠に火が入れられ、王朝絵巻を思わせる幽玄の世界が楽しめます。

南大門とその両脇でにらみを効かせる金剛力士像、大仏殿をライトアップ。大仏殿の中に入ることはできないものの、特別に開かれる観相窓から大仏様のお顔を拝むことができます。大仏殿宝前の八角燈籠も特別に点灯。

住所/ 奈良市雑司町406-1
TEL/0742-22-5511
拝観時間/8:00~16:30
(11月~2月)HPはこちら

ルートマップはこちら

バーテンダーでもあったショコラティエが作り上げた、クーベルチュールチョコレートと様々なお酒とのマリアージュが楽しめる大人な生チョコレートが大人気。お土産としてぴったりです。併設のカフェではチョコとドリンクのセットも。

住所/ 奈良市餅飯殿町42-1
OKビル2階(カフェ併設)
TEL/0742-20-5677
営業時間/10:00~18:00
定休日/不定休HPはこちら

地元奈良の食材や土佐清水直送の海の幸をふんだんに使った本格的なお料理、店内の石窯で焼き上げるナポリピッツァがカジュアルに楽しめるイタリアン。自然派のビオワインも豊富にラインナップされているのがうれしい。

住所/奈良市芝辻町2-8-12
TEL/0742-34-0220
営業時間/
ランチ 11:00~15:00(L14:30)
ディナー17:00~23:00(L22:00)HPはこちら

まだまだある!冬の夜歩きイベント
江戸時代から明治にかけての町家の面影を残すならまちで、定期的に開催されている「ならまちナイトカルチャー」。2015年の冬は、歌と舞、落語、雅楽、狂言、能などの鑑賞が楽しめます。ぜひこの機会に伝統芸能に触れてみて。

日程/2015年2月3日(火)~8日(日)
時間/18:00~19:00(17:30受付) 場所/奈良市ならまちセンター
TEL/0742-27-1820(ならまち振興事業部門)HPはこちら

若草山の山焼きは、先人の鎮魂と慰霊、世界平和を祈願する古都に早春を告げる伝統行事。燃えさかる炎が瞬く間に山全体に広がり、冬の夜空を真っ赤に染め上げます。火入れ前に打ち上げられる200発もの花火も必見。

日程/2015年1月24日(土)
場所/奈良公園内 若草山一帯
TEL/0742-27-8677(奈良県奈良公園室)詳細はこちら

奈良公園MAP

2014年12月25日に配信された記事で、掲載情報は配信当時のものです。
内容が変更になる場合がありますので予めご了承ください。