宇陀・曽爾エリア 本物の癒しに出会える旅

このエリアまでのアクセス
訪れただけでなぜか癒される、思い出しただけでいつでも癒される。そんな気持ちにさせてくれる場所を求めて、静かな時間が流れる宇陀・曽爾エリアへ。

清々しさに癒される、見渡す限りの大草原 曽爾高原

曽爾高原は奈良県と三重県の県境に位置する国立公園。倶留尊山(くろそやま)と亀山の山肌には、一面にススキが群生しており、春や夏は緑、秋になると銀色のじゅうたんを敷き詰めたような風景が広がります。体力に自信があるという人は、ぜひ亀山峠まで登って、涼しい風に吹かれながら眼下に広がる絶景を楽しんで。ハードなのは苦手という人は高原中央のお亀池までの散策がおすすめです。

ススキが銀色に色づく9月中旬から11月下旬までの期間、夜になるとお亀池周辺は燈籠に火が灯され、まるで異世界に迷い込んだかのような幻想的な雰囲気に。眩しいほどの星空も一緒に堪能して。 秋になってススキの穂が開くと、曽爾高原一帯は銀色に染まります。さらに夕方になると茜色の光が反射し、銀色から黄金色に変化。波を打ったように秋風に揺れる様子は、一見の価値ありです。 場所/奈良県宇陀郡曽爾村太良路
TEL/0745-94-2106
駐車場/150台
http://www.vill.soni.nara.jp

カテゴリーへ戻る

曽爾の美味しいモノをいただくなら、高原の麓にある総合観光施設「曽爾高原ファームガーデン」へ。施設内には自然派キッチン「すすきの館」があり、トマトやほうれん草など曽爾で採れた野菜を使ったヘルシーな料理を、曽爾高原の地下水で造った地ビールとともに堪能できます。またソフトクリームなど地元の特産品であるヤーコンの加工品にも注目!天然温泉も併設されています。

本場ドイツのブルーマイスターから受け継いだ伝統の技と最新の技術、そして曽爾のおいしい空気と水で作った曽爾高原ビール。口あたりがやさしく、さらりとしたのど越しで飲みやすい! 施設内にある「お米の館」では、曽爾で収穫されたお米を自家製粉した米粉で焼き上げたもちもち食感の米粉パンを販売。曽爾産の野菜とコラボレーションしたパンなど約30種類をラインナップ。
米粉パンの手作り体験も楽しめる。
(要予約)
場所/奈良県宇陀郡曽爾村太良路839
TEL/0745-96-2888
営業時間/10:00〜18:00(季節により変動あり)
定休日/毎週水曜日(水曜日祝日の場合は、木曜日)
駐車場/100台
http://www.soni-kogen.com/index.html

カテゴリーへ戻る かつては伊勢本街道の山粕宿、今ではひっそりとした山間の集落に突如現れた「めだか街道」。ひとりの住民の趣味から広がり、今では11軒ものおうちで30種類ものめだかを育て販売しているのだそう。そーっと覗いて、癒されましょう。 場所/奈良県宇陀郡曽爾村山粕
TEL/0745-96-2140
駐車場/10台
http://web1.kcn.jp/rouge/medakakaidou/home.html

張り詰めた空気に包まれて心静かにお参り 室生寺

役小角が創建し空海が真言宗の道場として再興したとも、奈良時代後期に興福寺の僧によって創建されたとも伝えられる古刹。女人禁制の高野山に対し、女性でも参詣(さんけい)が許されたことから「女人高野」と呼ばれ、女性の信仰を集めてきました。境内には本堂のほか、金堂、五重塔、釈迦如来立像、十一面観音立像など国宝、重要文化財がいっぱい。400段近い石段を登ると厳かな雰囲気の奥の院が!

800年頃に建てられた朱塗りの五重塔。屋外にある五重塔としては法隆寺の次に古く、高さ約16mと日本でもっとも小さいサイズです。最上部の九輪の上には宝瓶という壺状のものがあり、寺伝によると竜神が封じ込められているそう。 紅葉のシーズンは、赤く染まった境内がライトアップされ、静寂の古刹(こさつ)が幽玄の世界へと変貌。紅葉のトンネルを抜けると、暗闇に照らし出された国宝・五重塔が、幻想的な姿でお出迎えしてくれます。 場所/奈良県宇陀市室生78
TEL/0745-93-2003
拝観時間/8:30~17:00
(12月1日~3月31日は9:00~16:00まで)
駐車場/バス20台、普通車150台
http://www.murouji.or.jp/

カテゴリーへ戻る 文化芸術の理想郷を目指した「アートアルカディア計画」のシンボルとして造られた公園。環境造形家であるダニ・カラヴァン氏のモニュメントが室生の自然と溶け合った、アートな空間が広がります。 場所/奈良県宇陀市室生181 TEL/0745-93-4730
開園時間/[4月~10月]10:00~17:00、[3月・11月・12月]10:00~16:00(入園は閉園時間の30分前まで)
休園日/火曜日(祝日の場合は翌日休)及び12/29〜2月末日
駐車場/79台
入園料/大人400円、高校生200円、中学生以下無料
道の駅「宇陀路室生」で人気を集めているスイーツ。地元で採れるよもぎを練り込んで薄く焼いた生地にあんこがたっぷり包み込まれています。片手で食べやすいのもうれしいポイント。 場所/奈良県宇陀市室生三本松3176-1
TEL/0745-97-2200
営業時間/9:00~18:00
休館日/年末年始(12/30~1/1、1/4、5)は休館
駐車場/33台

静かな山間の温泉で、ほっこりリフレッシュ みつえ温泉 姫石の湯

倭姫命(やまとひめのみこと)が女性病の全快を祈願したといわれる「姫石明神」の近くにある、伊勢本街道沿いの日帰り温泉。美肌の湯・ぬくもりの湯と呼ばれる湯冷めしにくい優しい泉質で、旅の疲れを癒すのにぴったりです。大浴場は木風呂と岩風呂があり、それぞれ露天風呂とサウナ、気泡風呂、打たせ湯を併設。さらに木風呂には露天の樽風呂、岩風呂には露天のつぼ風呂が。木風呂と岩風呂は男女で日替わりです。

「姫石の湯」の館内は木を生かした暖かみのある雰囲気。館内には無料の休憩所やお食事処が設けられるなど、お風呂上がりもゆったりとくつろげます。日本庭園風の中庭も素敵です。 美しい空気と清らかな水に恵まれた御杖村には、お米や地酒、手作りこんにゃく、味噌、新鮮な野菜の漬け物など特産物がいっぱい。「姫石の湯」に隣接する「街道市場・みつえ」で手に入れて。 住所/奈良県宇陀郡御杖村神末6330
TEL/0745-95-2641
営業時間/11:00~20:00 (受付終了 19:30)
定休日/火曜日(祝日の場合は営業)
http://www.vill.mitsue.nara.jp/kanko/himeshi/index.html

カテゴリーへ戻る

JR奈良駅周辺のレンタカー情報はこちら

■奈良市内から宇陀・曽爾エリアへのルート

宇陀・曽爾エリアMAP

ページのTOPへ


2014年8月25日に配信された記事で、掲載情報は配信当時のものです。
内容が変更になる場合がありますので予めご了承ください。